【冬の雲取山②】雲取山荘で年越し。こたつの争奪戦の末路。闇鍋と餅つき大会の詳細も!

雲取山荘での年越しはわくわくが盛りだくさん過ぎて、楽しすぎました! 頑張って伝えるね!

雲取山荘へチェックイン!

宿泊料

宿泊料は一泊2食付きで8200円!さらにJRO会員なら500円引き。よって、7700円♪

受付は結構混んでいる。一人ひとり小屋の説明をしているため、15人ほどの行列も1時間近く待つことになります。寒い。

赤い屋根がかわいい年明けに向けて紙垂が飾ってある。めでたい。

でも大丈夫!ちょうど甘酒のサービスがでてきました!冷えた体にしみわたる、、ありがとうおじいちゃん。

直火でおじちゃんたちが甘酒作ってくれてる。すごい勧めてくる、飲み放題。

意外と進まない、さらに冷える…。十分冷え切ったところで、入れました。靴は袋に入れて、小屋の前の下駄ばこに。外に出るときはスリッパを借りれます。(すごく冷たいけど)

雲取山荘の中を探検

受付を済ませ入るとすでにストーブには人だかりが、、

一旦、館内を探索。もう16:00です。

結構広くてストーブの威力も十分。中はもうとてもあたたか。
案内図がすごい手作り感。人である前に生きものだ!って書いてある。コメントが良き。
ヨウヨウと日の出、シズシズと日の入り、コウコウと東京夜景、ドウドウとスカイツリーとのこと。

電波

入ります。私はYモバイルでしたが、部屋で1本入ってました。

売店

色々売ってる

水分補給は

ビール!!自販機で500円、まあ山では普通くらい。

ここで売り切れても、まだワンチャンある。さあ~ビ~ルですョ。そのまえに500えん。なかなかドエスなコメント。そのほか牛乳250円、ポカリ400円、1リットルの水は1000円は1000円で販売。

イベント情報

年季の入ったイベント情報が。6月からいろんなイベントがやっているみたい。楽しそう!

1月~5月はなにもないんかーい。ほんとはあるのかな。

トイレ

なんと、冬季は小屋の離れのトイレが宿泊者は無料で使えます。いったん少し寒いけど、スリッパのままで行けるのでラクちん。(私は靴下でウロウロしてた)

広くてきれい、しかも水洗でくさくない、しかも暖房がきいている。なんと、使い捨ておしぼりまである!朝にはしっかり補充されていたし、なんという。

1回目に来た時はたくさん入ってアルコールもあった。

いいんですか…いいんですか…。全然くさくても大丈夫だし、便座あったかくなくても我慢するし、トイレの後の手はその辺でペッぺってするよ、この費用どこから来てるの?と無駄に不安になった夜。

1830mの壮快感を味わいたかったのに、、

こっちのお外トイレは使えませんでした。

雲取山荘のお部屋は、、?

雲取山荘での過ごし方

気になってましたよね、こたつの争奪戦に勝てたかどうか。

もちろん、勝ちましたとも!!!お部屋には本日10名が宿泊予定ですが、1番乗り。山の上で、外は雪で、贅沢にこたつが、なんと、ひとり一辺使えます。

とりあえずビーール!とみかん。とお菓子。

長崎と沖縄で南の島周辺コラボ
とりあえずトランプ

まだ布団はしきません。全員そろってから、敷き方を話し合って、部屋ごとに自分たちで敷いてください~とのこと。ご飯は17時からなので1時間ぬくぬくと過ごします。絶対に次の人が来ても、この1辺は渡さないぞ!

部屋のみんなが集まったあとはみかんも分けて、こたつも1/3辺になりました。でも仲良くなってたのしい。結局、布団の引き方はファンタジーな感じになりました。

布団を敷きつめこたつを置いて、さらに掛け布団で囲う。全員足を入れて寝る。

発案した人も、賛成した人も全員大人です。お母さんがいたらぜったい怒られるやつ。

雲取山荘のごはん

夕飯

17:30 夕飯の時間です。今回は人数が多いので45分制の2回転。

メニューはハンバーグ定食。生野菜とか豆腐とか食べれるのは嬉しい。

何気に、一番おいしかったのは左上のポテトサラダです。玉ねぎもちゃんと入ってて、手作りっぽい味。ご飯とお茶はお代わり自由です。いいんですか…山なのに。おかわりしちゃいますよ。

今日は年末なので、お汁がそばになってたらしいです。いいね。

朝食

ちなみに朝食は5:00以降いつでも大丈夫スタイル。食券を持ち、食堂の前に並んで待ちます。

初日の出を山頂で見たいグループの5:00からご飯は行列だったみたいです。私たちは餅つきのギリギリまで寝ていたので、すんなり入れました。

6:00 朝食

メニューは焼しゃけ定食。右はお汁が、お吸い物もちになってました!あけましておめでとう。

ごはんとふりかけと梅干しはおかわり自由です。いいんですか…ふりかけ2個かけちゃいますよ…。卵かけごはんするために、ごはんおかわりしちゃいますよ…。

雲取山荘のご飯は、、

ご飯は炊きたて、高所で炊いているので固いということもなく、ありがたい。おかずは、他にも美味しい山小屋はたくさんあるので、(自称山ごはん専門のやまくっく言っているくらいなので)自炊してもいいかな?という感じです。年末年始のイベントがなければ、私はテント泊にして、自炊にします。

山荘の隣に自炊小屋があり、そこで鍋やらすき焼きやらやっているグループもいました。

今回は雲取山荘を味わい尽くす。という目的もあったので、ごはんも楽しみました。いやあ、なにも担ぎあげずに、なにも準備せずにこんなにあったかくて品数が多い食事をいただけるのはありがたい限りです。ふりかけ2個かけれるし。

朝食の後は無料でお湯が貰えます

保温ボトル持っている人限定ですが、セルフでお湯が貰えます。朝食時は保温ボトルを持って食堂に行きましょう。

雲取山荘の年越しイベント

夕飯の後は、部屋に戻ってわいわい、していると寝ている方々の迷惑なので、起きているみんなは食堂に集まります。紅白をみる人、海外の山に行ったよ!と自慢するおじいちゃん、闇鍋の準備を堂々とするスタッフさんたち、おもいおもいの時間を過ごします。

2019年おおみそかの東京。あの大都会で1年、ようがんばったな。
食堂はいっぱい。新しい出会いも。

ただ、半分くらいの人がだんだん元気がなくなって眠がり始める。

闇鍋からのカウントダウン

23:15 急に騒がしくなる。みんなが闇鍋の防寒準備にとりかかるから。油断していた、布団とこたつに荷物が飲み込まれ、帽子がないだあ、手袋がないだあ、靴がないだああとガタガタする。11時過ぎたあたりからこっそり準備を始めるのがオススメ。

メイン鍋のほかに、サブ鍋が2個くらいある。サブのほうがすぐ食べれる。味は同じ。

23:30 闇鍋開始

本当に真っ暗。しかも熱い。闇鍋には当たりが入っていて、10人くらい景品がもらえるみたい。私は外れた。当たりの景品はなんだったんだろう。

闇鍋の中身はひみつ。

23:59 カウントダウンがはじまり、、

24:00 パッカーン

あけましておめでとーございます!振る舞い酒として日本酒は余るくらい配布されます。

※追加料金はない。通常宿泊料金でこのパフォーマンス!

餅つき大会

朝ごはんを食べ、日の出を待っていると、直火をいじるおじいちゃん。上でトチの実、下でもち米を炊いてくれています。今年初挑戦だから、うまく合うかな?と不安そうなおじいちゃんも。

7:00 餅つき大会

きたーーー
トチの実をつくつくつく。
餅を入れてさらにつく!宿泊者の方も、5名くらい餅つき体験ができます!
ついたお餅はおばちゃんが、せっせと分けてくれます。争奪戦!

あんころモチ!

やわらかくて出来立てがうまい!持ち帰って焼いて食べてもおいしかった。(ちゃっかり2個つくった)

砂糖じょうゆモチ!

トチもしっかりなじんで、砂糖もいっぱいついておいし。

7:30頃に餅つき大会は終わりましたが、チェックアウトは8:00

部屋のメンバーが出発した後、二度寝の幸せタイムを満喫。

※標高1800mってこと全員忘れてる

いい天気、すやすや…  続く……。

雲取山荘でのスケジュールまとめ

14:30 雲取山荘 到着

15:30 チェックイン

17:30 夕食

19:30 布団しき

23:30 闇鍋

24:00 年越し 振る舞い酒

6:00 朝食

6:30 餅つき大会

8:30 下山開始

コメント

タイトルとURLをコピーしました